2018年09月12日

第300回 仮面舞踏会


筒美京平(1985年)

「少年隊」のデビュー曲ですが、今回はユーチューブで知り合いの方からリクエストをいただき、「星屑スキャット」バージョンで取り組みます。

メロディーはハモリも含めてアルトサックスにしてみます。

a300 hoshikuzu scat緑.jpg
星屑スキャット


さて、リクエストをいただきましたユーチューブ友達の ajoshi さんが、これをカラオケにして歌をかぶせてユーチューブにアップされました。画像も楽しめますので、貼り付けてみます。https://www.youtube.com/watch?v=J36D_SxVC3U
作成:ajoshi in U.S.A


posted by KenG at 00:39| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

第299回 大切なひと(東宝シネマズのテーマ)


東宝シネマズのテーマソング(1994年)

映画をあまり劇場に観に行かない方にはピンと来ない曲かも知れませんが、Ken-Gは8年前に60歳を過ぎてから、夫婦割引で@1,100X2人で見られるようになってからは、月1〜2度は観に行くようになっています。ほとんど洋画です。

早めに劇場に入り、映画が始まるまでの合間にゆったりと流れてくるのがこのテーマソングです。現実世界のことはしばし忘れて、架空の世界に入るための準備の時間にはピッタリの曲と思いませんか。少しの間、贅沢な気分に浸りながら、アドベンチャーやミュージカルの世界に入って、リフレッシュして来ましょう。

ネットでタイトルを調べ、ピアノを主体にして耳コピーしてみましたがいかがでしょうか。盛り上がりもサビもありませんので、聴いているうちに眠くなること請け合いです。それもこの曲の狙いのひとつですから・・・・。

写真は、千年一日のごとく変わらない田舎の山奥にある、Ken-Gの故郷です。この音楽を聴きながら瞑想すると四次元の世界に入り、タイムトラベルして昔懐かしいふるさとに行くことができます。そこにはいつも母が手料理をつくって待っていてくれます。これが現実だったらどんないいいだろう・・・。

はい、実はこれは現実なのです。今でも卆寿の母がひとりで住んでいて、姉と二人で待ち合わせて月1回、母を訪ねるのを鶴首して待っていてくれます。3人集まればもちろん、お酒を飲んで昔話に花を咲かせます。

a299 Taisetsuna Hito 緑.jpg
Ken-Gのふるさと。真中の奥に見える家に母が住んでいます。


ところでYouTube友達のAkane さんが、これを音源としてBGMに使い、創作詩をアップされましたので、貼り付けてみます。Akaneさんのチャンネルは次の通りです。
https://www.youtube.com/user/zakanez/videos
posted by KenG at 01:55| Comment(3) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

第298回 思い出のグリーングラス(歌付き)


カーリー・プットマン(1930〜1965)

この曲は第215回で一度アップしていますが、同じものを再度アップしました。

というのも、実はユーチューブで知り合った ajoshi さんが、このKen-Gのアップにご自分の歌を乗せた動画を作成され、ユーチューブにアップされたからです。

とてもいい感じにできていますので貼り付けてみます。https://www.youtube.com/watch?v=4eslO97jJC4
posted by KenG at 23:45| Comment(1) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

第297回 悲しみを終わらせて


徳久広司 (2000年/2008年)

夏は軽快な曲がいいですね。加納歌佳さんのヒット曲のひとつです。乗りも抜群な曲です。

イントロや間奏はアルトサックスで、歌部分はトランペットにします。あとはいつもの楽器ですが、ベースには Picked bass に Muted Guitar を混ぜて、ビンビンな感じを出してみます。

最近、YouTube にアップすると、それをカラオケとして使い、コラボ版をアップしてくださる方がおられるので、少し長くなりますが1番〜3番+α のフルコーラスで演りました。

a297 Dance.jpg
この曲で踊っているダンサー
posted by KenG at 23:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年08月02日

第296回 ハンガリー舞曲第5番


ヨハネス・ブラームス (1833-1897年)

このところ柔らかい曲を演ってきましたので、久しぶりのクラッシック、ヨハネス・ブラームスの「ハンガリー舞曲第5番」に挑戦します。

昔から演ってみたいと思っていて、実は第168回で演ろうとしたのですが、失敗しそうで手が出ず、同系統の(?)「チャルダッシュ」を演ってしまいました。http://onemanconcertaaa.seesaa.net/article/295153755.html

今回も自信はあまりないのですが、とにかく取り組んでみます。使用楽器はバイオリンとピアノだけで、モデルは、ロビー・ラカトシュさんのバイオリンと、フランティシェク・ヤノシュカさんのピアノを耳コピーで ( ^_^)/~~~。

後半に入ったあたりからはだんだん難しくなって、バイオリンもピアノも早すぎて、耳コピーではとても聴き取れない部分が多くなりましたが、PCに標準装備のメディアプレーヤーで、速さを1/2にして何とか聴き取りました。思った通り困難を極めたものの、何とか制覇しましたがいかがでしょうか。


Brahms緑.jpg
ヨハネス・ブラームス

Roby & Frantisek.jpg
ロビー・ラカトシュ & フランティシェク・ヤノシュカ
posted by KenG at 20:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

第295回 涙のリクエスト


芹澤廣明(1984年)

サザンも流行りましたが(今も?)チェッカーズも一時、社会現象化していたようです。その時の曲を演ってみます。藤井フミヤさんの歌部分はトランペットで、あとはいつもの楽器にコーラスなどを加えます。

途中で「One, Two, Three, Go!」と掛け声が入るのですが、Roland SC88Pro には One, Two, Three とか、アー、ダー、ウーはありますが、残念ながら Go がありません。 なのでその部分が抜けたままになっています。

写真は引き続き、福島県いわき市高野町の母の住んでいる、自称「やすらぎの里」です。
a295 NamidanoRQ 緑.jpg
家は手前にあります。

a295 NamidanoRQ 緑2.jpg
常磐自動車道が横切ったので、景色が分断されましたが・・・。

posted by KenG at 14:46| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

第294回 そんなヒロシに騙されて


桑田佳祐 (1983年)

高田みづえさんの「秋冬」を演ろうと思って耳コピー用のオリジナルを探しながら寄り道していたら、同じ高田みづえさんのこの曲でつっかかってしまいました。「秋冬」あはまた今度にします。

この曲の魅力はいろいろありますが、まずはハモリがきれいなのと、テケテケサウンド(?)/クロマチックラン をいかにそれっぽく演るかがポイントです。特にテケテケ・・・・はあの独特の音作りが難しそうです。

主旋律はとりあえずフルートにしたところイマイチなので、トランペットに変えました。ハモリはテナーサックスも使って・・・。今回ベースはいつもの acoustic bass に加えて jazz guitar picked bass も使います。 あとはスチールギターやコーラスなどでバックを固めます。

a294 hiroshi緑.jpg
つきあたりを右に曲がってまっすぐ行くと、Ken-Gの実家です。

a294 hiroshi緑2.jpg
母が住んでいるKen-Gの実家
posted by KenG at 23:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

第293回 夜と朝のあいだに


作詞:なかにし礼 作曲:村井邦彦 (1969年)

妖しげな(?)感じの曲をもうひとつ、池畑慎之介さん(ピーター)がレコード大賞新人賞を受賞した曲です。

主旋律はテナーサックスで、イントロや間奏はトランペットで、あとはいつもの、スチールギター、ピアノ、クラリネット、シンセストリングス、バイオリン、ベース、そしてドラムスなどを使って演ってみます。

パーカッションの中でもコンガの音が好きなので、歌の部分から少し強めにコンガを入れてみましたが、いかがでしょうか。

a293 Yokohama 夜景 緑.jpg
横浜の夜
posted by KenG at 12:11| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

第292回 さそり座の女


中川博之(1972年)

美川憲一さんのヒット曲です。歌部分はトランペットにし、あとはバスクラリネット、スチールギター、テナーサックス、シンセストリングス、バイオリン、ベース、ドラムセットなどを使います。

a292 Scorpion 緑.jpg
さそり座
posted by KenG at 23:25| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

第291回 マギー若き日の歌を


作詞:ジョージ・W・ジョンソン(1866年)
作曲:ジェイムズ・A・バターフィールド

邦題の「マギー若き日の歌を」よりも、原題の"When you and I were young, Maggi"といったほうが分かりやすいと思います。

楽器は、下の画像のように、クラリネット、バンジョー、そしてドラムスの3つだけを使いますが、多分、後半からはギターやベースも入れてみたくなるものと思われます。

1stコーラス、2ndコーラスが終わり、3rdコーラス目に入ってスチールギターとベースを加えてみましたがいかがでしょうか。何となくそれらしくなってきた感じです。

画像のバンドにはスチールギターがいません。4人編成のバンドなのでしょうか。クラリネットの人はなんと、ナマ足のようです。あの人たちは人前で靴や靴下を脱ぐのを極端に嫌うと聞いていたのですが......。

a291 Maggie 緑.jpg
クラリネット、バンジョー、ドラムセット

a291 Maggie.jpg
ベースも
posted by KenG at 21:05| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年04月18日

第290回 リメンバー・ミー


クリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス(2017年)

今上映中のディズニーアニメ映画の挿入歌です。あの軽快なリズムとメロディーラインは一度聴いたら頭から離れません。もう演るしかありません。古い曲ばかりでなくたまには旬の曲も・・。

写真は数十年前のもので、真中に立っている人が Ken-Gの父、その右下に座っている人が父の母、父の左後ろに立っている人が Ken-Gの母の母、その他は Ken-Gの両親の姉妹や親類たちです。ほとんどもう亡くなっていますが、この映画の様に写真を飾って忘れないでいれば、あの世で元気に暮らしていけるとのことですので、ここにアップしました。

a290 Remember Me 緑.jpg
リメンバー・ミー

そして次の写真は1957年の夏、福島県いわき市小名浜の昔の海水浴場での写真です。上段の右端がKen-Gの母、ひとつ飛んで真中のおばあさんがKen-Gの父の母、その左となりがKen-Gの父、中段の左端の女の子がKen-Gの姉、そして中段の右端の男の子がKen-G本人(7歳)です。その他は近所の人達です。貧乏でしたが、夏に必ず1回は海水浴に連れて行ってもらうのが恒例で、毎年夢のように楽しいできごとでした。今はこの海水浴場は港に改造され、岸壁になっています。

小名浜海岸額.jpg
1957年、福島県いわき市の昔の海水浴場で
posted by KenG at 00:56| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

第289回 フォー・ユー


鈴木キサブロー(1982年)

高橋真梨子さんのヒット曲のひとつで、NHK紅白歌合戦では、1913年と2017年の2回、この曲を歌いました。1913では紅組のトリで歌い、2017年では68歳で、紅白歌合戦の紅組歌手としては最年長記録を上回ったのだそうです。

歌部分はトランペットで、他はいつもの楽器で淡々と演ってみます。

写真は数年前、2人でイタリア一周旅行に行った時の写真です。

a289 For You 緑.jpg
ミラノのドゥオモ

a289 For You フローレンス.jpg
フローレンスの丘で、遠くにベッキオ橋が..
posted by KenG at 00:39| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年03月10日

第288回 南国土佐を後にして


武政英策 (1953年)


カラオケ版

ペギー葉山さんのヒット曲として知られていますが、その前に丘京子さん、次に鈴木三重子さんという人が歌ったのだそうです。

主旋律はやはりトランペットにします。あとはいつもの楽器で、淡々と演ってみます。「よさこい節」部分の伴奏は、和太鼓とバイオリンのピチカートだけにしていますが、雰囲気がでているでしょうか。

a288 Nangoku Tosawo Atonishite 緑.jpg
桂浜
posted by KenG at 02:16| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

第287回 大阪ラプソディー


猪俣公章(1976年)

かつての漫才コンビ、海原千里・万里さんのヒット曲を演ってみます。イントロが「東京ラプソディー(古賀政男・1936年・藤山一郎)」のイントロと似ています。やはり猪俣公章さんは師匠の古賀政男さんの曲を意識して、その大阪版を作曲したのではないでしょうか。

メロディーも伴奏も前回とほぼ同じ楽器ですが、マンドリンとピッコロを加えてみました。

a287 Osaka Rhapsody 緑.jpg
大阪

posted by KenG at 00:13| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

第286回 鳥取砂丘


作詞:木下龍太郎 作曲:弦哲也 (2003年)

水森かおりさんのヒット曲を演ってみます。第45回日本レコード大賞・金賞受賞曲で、水森かおりさんはこの曲で、NHK紅白歌合戦初出場を果たしました。

使用楽器とかはだいたいいつものとおりですが、イントロや節目などに和太鼓を入れてみましたがいかがでしょうか。

写真は第143回「月の沙漠」で使用したものをそのまま貼りつけました。
http://onemanconcert115.seesaa.net/article/157439697.html

Tsukino20Sabaku.jpg


Tottori20Sakyu.jpg
鳥取砂丘
posted by KenG at 00:31| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

第285回 津軽海峡冬景色


阿久悠作詞・三木たかし作曲(1977年)

石川さゆりさんのヒット曲を演ってみます。この曲で石川さゆりさんは、日本レコード大賞・歌唱賞、FNS歌謡祭グランプリ・最優秀歌唱賞などの音楽賞を獲得しています。

前奏と間奏はアルトサックス、歌部分はトランペット、伴奏はピアノで演ってみます。サビ部分はサックスとイングリッシュホルンを加えてハモらせてみました。

エンディングも入れて、全体の細部も微調整して一旦完成させましたが、その後、結局ドラムスを入れたり、ストリングス系も入れたりで、最終的にはオーケストラ風になってしまいました。やはりこの方が迫力があるので、英語版の方もオーケストラ風に差し替えました。

a285 冬景色緑.jpg
津軽海峡冬景色(?)
posted by KenG at 22:28| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2018年01月07日

第284回 誰か故郷を想はざる


作詞:西條八十、作曲:古賀政男 (1940年)

お待たせしました。霧島昇さんのヒット曲をもう一つ演ってみます。

日本は戦争の最中で、この曲は慰問用レコードとして戦地に送られて大ヒットし、内地に逆輸入されたのだそうです。なるほど・・・ですね。歌部分は今回もトランペットにします。

写真は昨年春、幼なじみが久しぶりに集まって、横浜・三溪園を散歩し、中華街で食事をした時のものです。右から2番目が Ken-G です。全員、福島県いわき市出身ですが、今はそれぞれ、東京、神奈川、千葉などに住んでいます。故郷の思い出話で盛り上がりました。

a284 幼馴染.jpg
♪ おっ・さん・なん・な〜じみの、あ〜のと〜もこ〜のと〜も ♪

a284 気象台公園.jpg
♪・・・・あ〜のや〜まこ〜のか〜わ ♪
posted by KenG at 02:34| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月19日

第283回 この世の花


西條八十・作詞、万城目正・作曲 (1955年)

「誰か故郷を想わざる」の予定でしたが急遽、島倉千代子さんのデビュー曲「この世の花」になりました。、作詞作曲とも前回と同じ人です。同名の小説映画化の主題歌として作られ、発売半年で200万枚のレコードを売上げ、空前の大ヒットになったのだそうです。

イントロのメロディーはアコーディオンにします。主旋律はやはりトランペットで。その他の楽器は前回とほぼ同じですが、琴や和太鼓は使いません

a283 横浜公園.jpg
横浜公園

a283 気象台記念公園.jpg
我孫子市気象台記念公園
posted by KenG at 23:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年12月04日

第282回 旅の夜風


作詞:西條八十 作曲:万城目正 (1938年)

いいですね〜。昭和初期の歌です。イントロを聴いただけでも胸がワクワク、ドキドキです。われわれ団塊の世代のひとつ上の世代にヒットした曲ですが、長い間歌われていましたので、我々が聴いても懐かしく感じます。

イントロではピアノの代わりに琴でアルペジオを入れ、歌に入る直前にはコンガをポコポコと、少し目立つように入れました。歌部分は引き続きトランペットです。サビ部分に入るところのフィルインでは和太鼓を入れて盛り上げています。サビ以降のベースは、それまでと違った動きにして変化をつけていますがいかがでしょうか。

b282 愛染かつら緑.jpg
愛染かつら
posted by KenG at 01:42| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

第281回 雪の降る街を


中田喜直(1951年)

前々回から予定していた「雪の降る街を」です。

この日本の曲、欧米人が聴いてもすんなり聴けるのではないかなどと思っていたら、なんとこの曲、その100年も前、1841年の、フレデリック・ショパンの「幻想曲ヘ短調作品49」の序奏のモチーフと良く似ているとのこと(Wikipedia)。早速ユーチューブで聴いてみたところ、本当に出だしがそっくりでした。欧米人にも受けそうなのも当たり前でした。

前回同様、ピアノ伴奏にトランペットでメロディーを、モデルもはやり山田啓明さんのピアノと小川明子さんのソプラノで演ってみます。

そして2番目はコーラスやオブリガードを入れて、ロジェ・ワグナー合唱団風に仕上げてみます。

モスクワ緑.jpg


281 Yukigeshiki @.jpg
雪の降る街
posted by KenG at 22:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。